東芝の太陽光発電を選ぶ前に知っておきたい事とは?

太陽光発電の劣化率

 

太陽光発電の劣化率について。
太陽光発電は、消費するものです。
ですから、決して久的に使えるものではありません。

 

 

導入する前に、太陽光発電の劣化率についてある程度知っておくと、
とても助かります。
また、メンテナンスや工事についても、
知っておくと良いでしょう。

 

 

 

一般的に、太陽光発電の耐用年数は、「17年」と言われています。
もちろん、必ずしも17年前後で劣化してくるわけではありませんが、
目安として、17年経つと劣化が目立ってくることになります。
そのため、各メーカーでは、「10年保証」というものが設けられています。
劣化する前に、必ず10年保証は利用しておきたいですね。

 

 

なかでも、劣化しやすいのは
「パワーコンディショナー」と呼ばれる周辺機器です。
太陽光発電も、ホコリや油分など、年数が経てば汚れてきますが、
メンテナンスをすることである程度維持することができます。
しかし、パワーコンディヨナーが壊れてしまうと、
太陽光発電が使えなくなるので大変。
ですから、前にも述べたように、メーカーの10年保証はきちんと使いたいところ。
定期的な点検や部品交換をすることで、劣化率はグンと下がります。
メンテナンス次第で、約17年で劣化してくるといわれている太陽光発電も、
長持ちさせることができるでしょう。