混載便で送れば費用は通常の3割から5割程度は削減出来る!?

 

 

 

一般的な引越しとは違い、一台のトラックに複数の依頼人の家財を積み込んで運搬する車両のことを「混載便と呼びます。

 

 

混載便を利用する上でのメリットとなるのはズバリ安さで、通常の引越し料金と比較して3割~5割ほども安く利用できることから人気となっています。

 

 

混載便が安くなる理由は単純明快で、引越しにかかる全ての費用を他の依頼人とシェアできるためです。

 

続きを読む “混載便で送れば費用は通常の3割から5割程度は削減出来る!?”

ベッド一つ送るだけでも送料は高い?単品ならどんなサービスがお勧め?

2017年に入ってから、大手運送業者の送料が上がり、ただ単品一つ送るだけでも運賃がかさむようになりました。

 

 

仮にベッドを送る場合は、ヤマト運輸内のサービスであるヤマト便が格安な輸送方法の一つでしたが、今年より規約の改定が行われ小さいサイズのベッドしか送る事が出来ません。

続きを読む “ベッド一つ送るだけでも送料は高い?単品ならどんなサービスがお勧め?”

食器類の荷造りはどうやるのがベスト?割れない方法は?

 

 

引越しにおける食器類の梱包で基本となるのは、必ず1個ずつ袋で包んでからダンボールに詰め込んでいくということです。

 

 

小さなお皿は「面倒だから」と裸のまま何枚も重ねて梱包する方が多いのですが、それでは運搬中にちょっとしたショックで割れてしまう可能性が高まります。

 

 

割れるだけでなく、破片が散乱して思わぬケガを招くリスクもありますから、どんなに小さな食器でも必ず個別に包装して保護してください。

 

続きを読む “食器類の荷造りはどうやるのがベスト?割れない方法は?”

引越料金を少しでも安くする方法の一つに時期を変えるがあります。

 

引越は何かとお金がかかりますので、少しでもおさえたいものです。

 

 

私のこれまでの引っ越しで一番安く済ませた方法の一つは引っ越し時期を考える事です。

 

 

 

一年の中で安い時期と高い時期では数倍以上も価格が違うのです。

 

続きを読む “引越料金を少しでも安くする方法の一つに時期を変えるがあります。”

準備期間はしっかり取って!また常日頃から不要品の処分は欠かせません。

 

わたしはこれまでに4回引越しをしたことがあります。

 

いずれも夫の転勤に伴うもので、辞令が出るのは引越しの2週間前ということが多いです。

 

そのため、辞令が出てから、全てを2週間で用意しなくてはいけないということですよね。

続きを読む “準備期間はしっかり取って!また常日頃から不要品の処分は欠かせません。”

引っ越し業者には頼まず、ゆうパックで運んで料金節約!

 

単身で日本国内を転々と引っ越しをすることが多く、引っ越し業者に頼むのも決して費用が安くないので何か良い方法はないかと考え私が実際利用していたのは「ゆうパック」です。

 

 

普段小さい小包や郵便を送ることぐらいでしかお世話になることはありませんでしたが、これがかなり使えるんです!

続きを読む “引っ越し業者には頼まず、ゆうパックで運んで料金節約!”

運べるものは自分でせっせと運び、料金を節約しました!

 

二人の娘が小学校に入学し、結婚してから住んでいた賃貸マンションでは「二人分の勉強机」がどうしてもおけなくなりました。そこで仕方なく引っ越しを考えました。

 

 

ちょうどその頃、マンションの道一本隔てた前の空き地に家が建ち分譲を始めたので、そこへ引っ越しできないものかと相談に行きました。

続きを読む “運べるものは自分でせっせと運び、料金を節約しました!”

単身パックを使ったら少ない荷物を安く運べました!

 

引っ越しをするにあたって、出来るだけ節約をしたくて心がけたことといえば、単身パックの利用です。

 

一人暮らしをしており、家具付きの単身用のマンションに住んでいたということも有り、非常に荷物が少なく、さほど多い量の荷物を運ぶ必要がなかったので、引越し業者の単身パックのプランを利用しました。

 

続きを読む “単身パックを使ったら少ない荷物を安く運べました!”