引越し見積りの値引き交渉で数万円の差が出た!

 

引越しが決まった際、引越し業者を決めるためにまず数社に見積りをお願いし、料金比較をしました。

 

先にだいたいの相場を調べておくと、今後の参考になります。

 

まず、一括見積りが出来るサイト10社ほど一括で無料見積りをお願いしました。

 

すぐに電話がかかってきて見積りを連絡してくれた業者が2社ほど、あとはメールで値段だけ伝えるあっさりした所も数社でした。

 

 

その中から自分の希望に近い見積りを出してもらえた会社と、あとは大手の引越し会社に自分で電話して見積り依頼をしました。

 

2~3社見積りをお願いした方が比較しやすいです。

 

 

思ったよりも金額に大差はありませんでしたが、それでも数万の差はありました。

 

 

他にサービスで段ボールをつけてくれるか、などのサービスをチェックをしておくと更に比較しやすいです。

 

 

自分の希望の金額と見積りを比較し、見積りからどれくらい引いてもらえるか電話で交渉します。

 

 

先に高い見積りを出した業者に電話をし、他社が安い見積りを出してるが、どこまで下げられるかを確認しました。

 

 

金額を聞かれたら、出された見積りより5千円から1万円ほど低い金額を伝えてみます。

 

 

逆に、一番安い見積りを出した所にも同じような方法で電話をしました。

 

 

「これ以上の値引きは無理です」と答える業者もいましたし、他社の見積りに対抗して更に安くしてくれた所もありました。

 

 

値引きは自分の希望ですが、お互いに気持ちが良く最後まで引越しを終えるためには無理な値引きは禁物です。

 

 

相手の出方、反応を見ながら、自分の希望を伝えて見積りの交渉をすることが大事だと思います。